本文へ移動
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  空室のご案内!!
さっぽろRオフィス
 
札幌駅前オフィス
室内の写真等は移動先の
詳細で見る事が出来ます
 
大通東オフィス
こちらをクリック
室内の写真等は移動先の
詳細で見る事が出来ます
 
NEW大通西オフィス
こちらをクリック
室内の写真等は移動先の
詳細で見る事が出来ます
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
運営会社の位置
会社登記できる
札幌のレンタルオフィス
【さっぽろRオフィス】
■札幌駅前オフィス
■大通東オフィス
大通西オフィス
会議室 基本無料
《運営:株式会社マルコウ》
〒060-0806
北海道札幌市北区北6条西
6丁目2番地24 第2山崎ビル
(札幌駅から徒歩5分)

TEL:(札幌)011-747-1349
FAX:(札幌)011-709-0317
 

社員のつぶやき(新岡)

新岡

RSS(別ウィンドウで開きます) 

《週休1日》

2019-11-06
こんにちは。
 
『週休1日』と言うタイトルを見て仕事の話かと思った方、それは間違いです。
私のつぶやきなので今回もまた『ランニング』の話です(笑)
 
タイトルの通りなのですが、週休1日と言うことでランニングを本格的に始めてからは
基本的には1週間に1度だけ完全休養日を設け休むようにしています。
(体調を考え1週間に2度休む場合も勿論あります)
当然のことながら走り過ぎは足の故障に繋がるのと、毎日休み無しで走り続けていると
段々とモチベーションも低下するのでそれを防ぐために行っています。
…と言いながらも今年は走り過ぎで足を故障してしまったため来シーズンに向けての
よい勉強になったと思いこの経験は今後の糧にしたいと思います。
 
今回私が実際、月に400㎞程度走ってみて感じたのは本当に『週1日の休養』でよいのかどうか
ということです。
正直、今までのほとんどの練習はロードで走っていたため足への負担も大きく、また長距離を
走ることから週1日程度の休みでは到底疲労は抜けきらないことがよく分かりました!(笑)
自身の力を過信していた訳ではないのですが、意外にも体ってこんなに脆いのかぁと実感。
体・疲労と向き合うよい経験になったと感じております。
 
最近ではロードを走る時はなるべくペースを落としジョギング程度で走り負担を和らげたり
芝生やタータン(陸上競技場のトラック等)のようなロードに比べると足に優しい場所で
ランニングを行ったりと足に気を遣うようにしています。
本当ならば足を休めるべく完全休養をした方がよいのかも知れませんが体を動かさないと
言うことが私には到底できないので練習の質は少し落としつつ距離はあまり変わらないように
しこの冬もしっかり体力維持(よくなれば向上)していきたいと思います。
 
以上。
 
★★★★★★★★札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ★★★★★★★★
★株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。★
★レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。  ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《マラソンを始めてから聞かれること③》

2019-10-30
こんにちは。
 
長々と以前から書いていたこのタイトルのつぶやきも本日で最後になります。
まず、結論から言うと『何でそんなに走るの?』や好記録を出した時は『何を目指しているの?』
この2つが良く聞かれます。
 
何故そんなに走るのかと言われると、好きでやっていることなのでそれ以上の理由はありません。
しかし走るからにはただ毎日なんとなく走るのではなく
何か記録(結果)を残したいと言うこともありレースに出るようになりました。
「自分が今どの位置にいるのか」は常に気にしながら練習をしていますし、周りに負けてしまったのなら
自分に何が足りなかったのか、練習量をもっと増やせば良いのか、それとも練習の質を向上させなければ
ならないのか等、色々考えることがあります。
走る=経験を積みどんどんレベルアップしていくと言う考えで日々練習を行っている私にとっては
まるでRPGをやっているかのような感覚でやっていて、まるで自分が自分を育てているような感覚に
なります。そこが継続して走ることを続けられる1つのモチベーションかなと思います。
 
そして一番聞かれるのが何を目指しているのか?と言うことです。
正直明確に○○を目指していると言うものはありません!
強いて言うのであれば東京マラソンや福岡国際マラソンの出場は目指しています。
ただ、記録更新をする度に次はこの記録を目標にしようと言う「目標」は常にあります。
走ることは決して楽ではなく苦だと思います。
しかし完走後の達成感や記録更新を達成した時の喜びがあるからこそ1日1日の少ない時間を使って
走る(練習する)ことができているのかなと最近感じるようになりました。
 
一般市民ランナーの方でも早い方だとフルマラソンで2時間30分台
更に早ければ20分台で走る方が中には居ます。
そう言う方々は一体1日あたりどれ程の時間を走る時間に費やし
どれ程の練習量をこなしているのかが非常に気になります。
私より一回り以上年齢が上でも、年齢が同じ位でも上記タイムで走る方が大会には沢山居ます。
純粋に凄いと思いながらも私もそんな方々に勝てる練習をせねばと日々練習の毎日です。
「凄い」とは思いますが「勝てない」とは思わないので根気よくこれからもマラソンは続けていきます!
 
以上。
 
★★★★★★★★札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ★★★★★★★★
★株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。★
★レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。  ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《今シーズンを振り返って》

2019-10-23
おはようございます。
 
先日開催された札幌マラソンが私の今シーズン最後のレースとなりました。
もう今年はレースには出ません。(笑)
今シーズンでは3大会出場しました。昨年は4大会出場したので1大会少ない結果に。
 
以前は道東の町に住んでおり、中標津町や旭川市のハーフマラソン大会に出場したり
ずっと出場したいと思っていた北海道マラソンにも初出場、しかし思うような記録が出ず
その悔しさから11月に札幌市真駒内で開催されているフルマラソンに出場と
昨年1年は遠征の多い年であったと感じています。
その中で得られるものが多くあり私自身、レースに出ることも含め貴重な体験となりました。
 
今年から札幌市民となり、北海道マラソンは車を使うことなく大会会場へ気軽に
行けるようになったのが一番助かっています(笑)
また、昨年は台風の影響で中止となってしまった札幌マラソンも今年は無事開催されました。
やはり札幌市内のレースは沿道の応援も多くよりやる気の出るレースとなり楽しさが増します。
札幌市以外にも士別市で開催されているハーフマラソンに初出場しました!
開催月が7月と言うこともあり炎天下の中のレースでした。
後半は暑さにやられ大幅にペースダウンしてしまい辛さの残るレースとなりました…。
 
本来なら昨年も出場したフルマラソン大会にも出場したいと考えていましたが
走り過ぎが原因のせいか足の調子が悪くあえなく出場を断念しました。
そして来年3月に出場予定だった東京マラソンも何故か落選してしまいましたので
それもまた来年へ持ち越しです(次こそは当選したい!)。
 
…と言うマラソンに全く興味の無い方からすればどうでもよい近況報告でしたが
来年からはせっかく札幌に住んでいるのだから札幌市内、札幌近郊のレースに
幅広く出場してみたいと思っております。
そして、道外レース(特にフルマラソン)にも出場したいと考えています。
道外のレースでお勧め(アップダウンが少なく走りやすい等)の大会がありましたら
私のつぶやきを見てるランナーの方、是非教えてください!
 
以上。
 
★★★★★★★★札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ★★★★★★★★
★株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。★
★レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。  ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《マラソンを始めてから聞かれること②》

2019-10-15
こんにちは。
 
前回(10月11日)つぶやきの『マラソンを始めてから聞かれること』の続きです。
 
早速ですが私が『フル』マラソンを経験したのは2016年が初めてで
オホーツク網走マラソンと言うレースに出場しました。
私が学生時代に陸上をやっていたことを知っていた同じ職場の上司から
フルマラソン一緒に出場してみないかと誘われたのがきっかけでした。
正直、当時は走りたい気持ち半分、走りたくない気持ち半分でした。
走りたいと思ったのは42.195㎞とはどれ程の距離でどれ程辛くどれ程時間が掛かるのか
と言う好奇心です。
逆に走りたくないと思ったのは練習でさえ長くて10㎞程しか走らず
ましてや毎日継続してランニングを行っている訳ではなかったため
完走できるかどうか自信が無かったと言うのが一番です。
 
ただ、せっかくの機会なので出場してみようと思いエントリーをしました。
初フルマラソンと言うこともあり
ペース配分やどんなレース展開が待ち受けているのか元々中距離(800m)をやっていた
私にとっては想像も付かず
とにかく序盤から楽なペースで行き、最後までそのままペースを落とさず気持ちよくゴールする
と言うのが自分の中のレース展開でした。
 
大会当日が近付くにつれ無理矢理時間を作ってでも何とか練習することを心掛け、遂に本番。
スタートと同時に勢いよく飛び出す周りのランナー達。
何故42.195㎞もあるのに序盤からそんなペースでいけるのかと
当時の私にはついていけない、ついていこうと思わないペースでした。
そんな中、自分のペースがゆっくり過ぎたのか序盤からどんどん抜かれていく始末。
今も考えは変わりませんが、自分は自分、相手は相手なんだと
ペースを上げたりすることはしませんでした。
 
15㎞地点通過してからのことです。
右足の脹脛周辺に強烈な痛みを感じるようになってきました。
これは危険だと思いながらも途中棄権は絶対にしたくなかったのでそのままレース続行。
距離を重ねるごとに痛みは増していき、それに反比例しタイムはどんどん下がっていく。
まるで生きた地獄を味わっているような感覚に陥りました。
最終的に3時間44分25秒も掛かり何とか完走。
ゴール後は今となってはお馴染みですが、吐く寸前でした(笑)
 
このレースの10㎞ごとのラップを振り返ると
 
10㎞ 44分48秒  20㎞ 48分03秒
30㎞ 52分25秒  40㎞ 1時間04分54秒
 
30㎞地点から40㎞地点までの10㎞では1時間以上掛かっています。
改めて酷い走りをしているなと実感しました。
一緒に走った上司2名も然程タイム変わらずで危うく抜かれてしまう所でした。
負けず嫌いな私にとってそこが一番恐怖でした。
そんな負けず嫌いだからこそ、もっと差をつけて勝利したいと言う気持ちが継続し
今に至るのかなと思います。
ただ、今の私は誰に勝つ、負けるではなく過去の自分に負けない、自分が納得できるタイムを
更新することがやりがいであり、目標になっています。
 
…前書きがとんでもなく長くなり過ぎてしまい
本題のマラソンを始めてから何を聞かれるのかを全く書くことができておりません!(笑)
次回こそは短めに、簡潔に更新させていただきます!
 
以上。
 
★★★★★★★★札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ★★★★★★★★
★株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。★
★レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。  ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《マラソンを始めてから聞かれること》

2019-10-11
こんにちは。
 
前書きとなりますが、私は中学・高校時代と陸上部に所属し種目は800m専門でした。
当時は当然目指すものはタイムだけではなく全道大会への出場や、その先の全国大会への出場など
私だけでなく色々な選手がそこを「目標」とし日々部活に励んでいたと思われます。
学生時代はそう言った明確な目標がありました。
 
私自身、中学時代は全道大会へ出場すること、高校時代は全国大会へ出場することが目標でした。
中学時代はうろ覚えですが、中学2年生の新人戦で全道大会へ初出場した記憶があります。
中学3年生の中体連全道大会で出した2分7秒の記録が自身の最高タイムで
非常に満足をしていたと思います。
このタイムを出せたからこそ高校でも陸上を続けようと思えたのかなと今では感じますね。
 
高校時代は1年生の時からずっと全道大会に出場していましたが、そのほとんどが予選落ち。
2年生の新人戦の時が最盛期だったようにも思えます(全道大会で準決勝まで進出)。
それにも関わらず3年生最後の全道大会は予選落ち。
不完全燃焼で私の陸上生活は幕を閉じました。
因みに高校時代の自己記録は2分2秒でした。
正直、この時点でやり切った感があり後悔はしていなく
今後走ることもないだろうと思っていました。
 
それから高校を卒業しすぐに就職。
仕事も多忙で走る時間さえ取れない程の日々でした。
体を動かすことは好きなので本当にたまにではありますが
ランニングを多少行う程度。
社会人1年目から3年目までは仕事のことばかりだったなと改めて感じます。
そんな私ですが社会人4年目にあるきっかけがありフルマラソンへ出場することになりました。
その「きっかけ」を次回つぶやき『マラソンを始めてからよく聞かれること②』にて更新します!
 
余談ですが、先日10月6日(日)に開催された札幌マラソンは
1時間16分37秒
でした。またしても昨年の自分越えにはならず。
この札幌マラソンでまだ今シーズン3回目の大会なので
来年は経験を積むと言った意味でも更に数多くの大会に出場したいです。
 
以上。
 
★★★★★★★★札幌市内でレンタルオフィスをお探しの方へ★★★★★★★★
★株式会社マルコウではレンタルオフィス及び賃貸物件等取り扱っています。★
★レンタルオフィス等お探しの方は当HPの『空室一覧』をご確認ください。  ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
TOPへ戻る